サッカー日本代表選手岡崎慎司ユニフォーム

日本代表選手岡崎慎司

日本代表選手岡崎慎司

岡崎慎司の基本情報

選手名 岡崎慎司
英語名 OKAZAKI Shinji
生年月日 1986/04/16
出身地 兵庫県宝塚市
身長 174cm
体重 76kg
背番号 9
ポジション FW/MF
利き足 右足
所属クラブ レスター・シティFC

岡崎慎司のサッカー経歴

岡崎慎司とは、サッカー日本代表の有名な選手で、出身地は兵庫県宝塚市で、今プレミアリーグのレスター・シティFCに在籍しています。岡崎慎司は小学校2年生の時に兄からの影響を受けてサッカーが好きになり、また練習を始めました。中学の時は彼のサッカー才能がだんだん現れてきます。中学を卒業した後、兵庫県で高校の中のサッカー強豪と呼ばれている滝川第二高校に進学しました。この期間でレギュラーを獲得し、また全国大会ではキャプテンを務めていたこともあります。

2005年に高校卒業時、19歳の岡崎慎司は清水エスパルスというサッカークラブに加入しました。同年12月のサンフレッチェ広島戦に出場したことはJリーグの初出場とされています。2007年シーズンにはトップチームで主にMFとして起用され、リーグ戦で5得点を決めました。2008年、サッカー日本代表の選手として北京五輪に出場しました。2009年にはJリーグベストイレブンに選出され、優秀新人賞を獲得しました。

また、FIFAワールドカップの経歴について、2010年の南アフリカ大会に出場してグループリーグのデンマーク戦で1得点をあげました。更に2014年ワールドカップのブラジル大会にも出場しました。

所属クラブについて、2011年で岡崎慎司は清水エスパルスからドイツのVfBシュツットガルトに移籍し、2013年6月、1.FSVマインツ05に3年契約で完全移籍しました。また、2015年イギリスのレスター・シティFCに移籍しました。

岡崎慎司の2018最新ユニフォーム

日本代表選手岡崎慎司ユニフォーム

2018ロシアW杯に向けた日本代表最新ユニフォームの公開に従って、背番号を付けている各日本代表選手のユニフォームも発表されました。ここで岡崎慎司の2018最新ユニフォームを紹介しますが、もしあなたは岡崎慎司のファンなら、ぜひ背番号9のユニフォームを着て、岡崎慎司だけでなく、日本代表を応援しましょう!

岡崎慎司の2018最新ユニフォームは、鎌倉時代の武士の鎧からインスピレーションを受けて、伝統的な武士に好まれた「勝色」をベースカラーとしたデザインになります。「勝色」とは、濃く深い藍という日本の伝統色で、この色を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への意志を表現します。

また、今度のユニフォームの特別なデザインというと、サッカー日本代表の歴史や過去の経験を紡ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用し、感謝の念を心に込めていろいろな責任を負うことで必勝の信念を伝わっています。ユニフォームの正面と背面の真ん中に9という岡崎慎司の背番号を付けています。