サッカー日本代表選手長友佑都ユニフォーム

日本代表選手長友佑都

日本代表選手長友佑都

選手名 長友佑都
英語名 Nagatomo Yuto
生年月日 1986/09/12
出身地 愛媛県西条市
身長 170cm
体重 65kg
背番号 5
ポジション DF
利き足 右足
所属クラブ ガラタサライ

長友佑都は小学校1年生時にサッカーを始め、2002年、サッカーの強豪東福岡高校に進学した、地区選抜などには選ばれず全国的には失格した、スポーツ推薦を得られないから、2005年明治大学政治経済学部に進学しました。大学を卒業後、Jリーグの東京FCチームに加わった、プロサッカープレーヤーになりました。同年の北京オリンピック日本代表に選出された大会にも出場したが、チームはグループリーグ3戦全敗に終わりました。

2010年ACチェゼーナに移籍した、背番号5番を受けました。第17節カリアリ戦までフィールドプレーヤーではチーム唯一の全試合フル出場を続け、ロレンツォ・ミノッティ部長が「(長友は)とてもいいプレーをキープして、人間的にも素晴らしくロッカールームを団結させる存在」と高く評価されました。

2011年、移籍金約2億円でACミランへ完全移籍しました。アジアカップ最終予選では、チャンヨウユイウーがチームメイトを支援し、チームは4度目のアジアカップで優勝しました。彼は防衛の多面的なプレーヤーであり、ディフェンダーを演じることができ、左ガードもすることもできます。高さの制限のために、彼は日本代表チームの左バックポジションに現れる可能性が高いです。

日本代表選手長友佑都ユニフォーム

ここで、長友佑都の2018ロシアW杯に向けたサッカーユニフォームをご紹介いたします。2018ロシアFIFAワールドカップに控え、世界の頂点を目指した戦いに備えるために発表された日本ホームユニフォームは、伝統色である深い藍色を意味する”勝色”をコンセプトとし、ベースカラーに起用しました。勝色カラーで、ジャパンブルーの原点に立ち返り、日本代表の勝利がイメージされています。歴史を紡ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用するデザインです。

また、Vネック部分で、侍の着物の前合わせ部分に似せた形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORY RED(ビクトリーレッド)」カラーを採用することで、世界で勝利を目指す日本を表しています。首元の内側に搭載されたサインオフロゴには、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置して、過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負いて、勝利をもぎ取る強い意志を表現します。

さらに2018年は、初出場を果たした1998フランスFIFAワールドカップから20年を迎えて、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆるスタッフや選手、サポーター達の思いを紡ぎて、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められています。