日本代表最新アウェイユニフォーム

日本代表最新アウェイユニフォーム

日本代表最新アウェイユニフォーム

3月20日、3か月後に迫ったロシアワールドカップに向け、日本代表の新しいアウェイユニフォームがやっと発表されました。新アウェイユニフォームは、青色を一切使用せず、純粋無垢な白を基調とした、近未来調のライトグレーを少量に配しました。また、胸に日の丸をつけて、白と赤のコントラストは鮮やかで、光り輝く未来をコンセプトとしています。

新アウェイユニフォームのデザインというと、1992年のアジアカップ初優勝時に着用していたユニフォームからインスピレーションを受け、左肩に三つのバーのグラフィックを飾っていました。過去の勝利を続ける希望だけでなく、過去、現在、未来という時の流れも表現しました。更に、この三つのストライプグラフィックはそれぞれ微妙に異なるデザインとグラデーションカラーに工夫され、日本人のきめ細やかさを表現します。

首元の内側のデザインはホームユニフォームと同じ、過去5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わているサインオフロゴを配置し、20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、2018ロシアW杯で勝利を目指すという強い意志を伝えています。

素材というと、肌に直接に接触でき、優しい素材を用いました。極細の糸を利用して冷却・速乾の機能がとても目立つと言われています。サッカー選手に優れた体験を提供できます。また、日本代表最新ユニフォームに使われていた素材は環境にも優しいです。

3月23日にベルギーで行われる国際親善試合でマリ代表と対戦した場合、この新アウェイユニフォームが初めてサッカー日本代表に着用されました。