サッカー日本代表選手本田圭佑ユニフォーム

日本代表選手本田圭佑

日本代表選手本田圭佑

選手名 本田圭佑
英語名 HONDA Keisuke
生年月日 1986/06/13
出身地 大阪府摂津市
身長 182cm
体重 74kg
背番号 4
ポジション FW/MF
利き足 左足
所属クラブ パチューカ

本田圭佑は小学校2年時から地元の摂津FCに入団しサッカーを始めた、高校1年時に高円宮杯選手権で準優勝し、3年時にはキャプテンとして第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場しました。2004年名古屋グランパスエイトの特別指定選手となった、卒業した後、名古屋グランパスエイトに正式参入しました。2007年北京オリンピックアジア予選で日本代表の主力として五輪出場権獲得に貢献しました。

2008年本田圭佑はエールディヴィジのVVVフェンロへ移籍しました。リーグ戦36試合に出場し16ゴール13アシストを挙げて、2部リーグにおける年間最優秀選手賞(MVP)を受賞しました。2010年にロシアのPFC CSKAモスクワに移籍しましたが、同年開催された南アフリカFIFAワールドカップでは4試合にフル出場し、グループリーグ初戦のカメルーン戦では決勝点をあげてから、FIFA選定の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出されました。2011年のカタールアジアカップでは日本代表がチャンピオンを獲得し、本田圭佑がトーナメントで最優秀選手に選出されました。

2014年に本田圭佑はイタリアのACミランに移籍した、サッカーユニフォームの背番号は10でした。同年、FIFAブラジルワールドカップの日本代表選手として、全試合トップ下でスタメンフル出場し、グループリーグ第1戦コートジボワール戦では先制点を決め、日本人のワールドカップ最多得点を記録しました。日本では彼はすでにNO.1ですが、多くの人がアジアのNO.1と見られていますが、自分を証明するためにチャンピオンを獲得する必要があります。

日本代表選手本田圭佑ユニフォーム

ここで、本田圭佑の2018ロシアW杯に向けたサッカーユニフォームをご紹介いたします。伝統的な勝色をホームユニフォームのベースカラーに用いることで、ジャパンブルーの原点に立ち返り、日本代表の勝利が表されています。歴史を紡ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を使用するデザインです。

また、首元の内側に搭載されたサインオフロゴには、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置して、過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負いて、勝利をもぎ取る強い意志を表現します。Vネック部分で、侍の着物の前合わせ部分に似せた形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORY RED(ビクトリーレッド)」カラーを採用することで、世界で勝利を目指す日本を表しています。

さらに2018年は、初出場を果たした1998 FIFA ワールドカップ フランスから20年を迎えて、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーター達の思いを紡ぎて、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められています。