クロアチア代表が延長戦の末に2-1でイングランドに勝ち、初の決勝進出!

クロアチア代表

クロアチア代表

ロシアワールドカップは現地時間11日21:00(日本時間12日3:00)、モスクワのルジニキ競技場で準決勝戦のクロアチア代表とイングランド代表の対戦が行われました。これも初の決勝を目指すクロアチアと、66年の母国開催で優勝して以来2度目の決勝を狙うイングランドが、フランスが待つ決勝をかけた一戦でした。

今度の対戦に向けて、両方の先発メンバーについて、クロアチア代表は準々決勝ロシア戦に出場したFWアンドレイ・クラマリッチに代えて、MFマルセロ・ブロゾビッチを先発起用し、中盤に入りました。他の10名は準々決勝と同じでした。イングランド代表は準々決勝スウェーデン戦と同じな11名の先発メンバーを起用しました。

試合はとても激しかった、前半5分でイングランドがMFトリッピアーのゴールで先取点を奪いました。前半でイングランドが1-0とリードして折り返した。後半は両チームともうまく攻撃の形を作れない状況が続いたが、23分でFWペリシッチが左足で押し込んで同点に追いつき、1-1で延長戦に入りました。延長戦の末、クロアチア代表は2-1でイングランド代表に逆転勝利し、初の決勝進出を決めました。

それで、現地時間7月15日18:00(日本時間7月16日0:00)、クロアチア代表はフランス代表との決勝対戦を迎えます。また、現地時間7月14日17:00(日本時間7月14日23:00)、イングランドとベルギーの3位決定戦はサンクトペテルブルクで行われています。こんな素晴らしい試合をぜひお見逃しないでください。