2018ロシアW杯G組各国代表ユニフォーム

2018ロシアW杯G組

2018ロシアW杯G組

2018ロシアW杯に向けて、32参加国の代表ユニフォームが次々発表されました。ここで、2018ロシアW杯G組代表のサッカーユニフォームをご紹介いたします。G組の四つの代表チームはベルギー代表、パナマ代表、チュニジア代表とイングランド代表があります。もしお好きな代表チームがここにあれば、ぜひ彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

ベルギー代表ユニフォームホーム

2017年11月6日、アディダス社「adidas」は2018ロシアW杯でベルギー代表ユニフォームホームを発表しました。新ユニフォームホームは1984年ホームモデルに触発されたデザインになります。Vネックを採用し、伝統的なレッドをベースカラーとして胸の部分には連続する菱形が交差して黄色と黒のアーガイル柄を配しています。真ん中にはベルギー・サッカー協会のエンブレムを配置しています。

また、右胸には賛助会社アディダス「adidas」のロゴをイエローで備えています。ボディーの側面には3つのダークレッドのストライプを走っています。背面の首元には胸の部分のデザインと同じ、ベルギー国旗色の黒・黄・赤でアーガイル柄をプリントしています。パンツ、ソックスとも赤基調で、ソックスの前面には国名、背面にはadidasロゴのグラフィックが備えられています。

2018ベルギー代表ユニフォームホーム

ベルギー代表ユニフォームアウェイ

3月20日、ベルギー代表2018新ユニフォームアウェイが発表されました。今度のユニフォームアウェイは黄基調で、横ラインのグラフィックプリントを採用しました。差し色としてレッドとブラックを使い、ベルギー国旗の黒・黄・赤の3色を表現します。

ホームモデルと違って、肩にはアディダスを象徴する「スリーストライプス」が黒×赤×黒で配置されています。ベルギー・サッカー協会のエンブレムは左胸に付けられています。右胸にはホームモデルと同じ、サプライヤー社のアディダス「adidas」のロゴをブラックで備えています。

2018ベルギー代表ユニフォームアウェイ

パナマ代表ユニフォームホーム

4月7日、2018ロシアW杯に向けてパナマ代表ユニフォームホーム、またユニフォームアウェイは、サプライヤーの「New Balance」に公式発表されました。ワールドカップの初出場を記念するための歴史的なユニフォームとなります。新ユニフォームホームは赤基調で、差し色で首元には白いラインを加えたシンプルなデザインとなっています。更にフロントにはシェブロンデザインパターンが備えられていますが、これはパナマ国鳥のオウギワシとパナマ市のスカイラインに触発されたグラフィックが特徴的な仕上がりとなります。

また、背面の首元には国名「PANAMÁ」をプリントし、それ以外のの飾りはなくてシンプルなデザインになります。襟の内側には、「Alcanzamos por fin la victoria」というスローガン(パナマの国歌「We Finally Victory」)が配されています。レッドショートパンツとソックスでホームキットは完成となっています。

2018パナマ代表ユニフォームホーム

パナマ代表ユニフォームアウェイ

パナマ代表新ユニフォームアウェイは白をベースカラーとして、差し色としてグラフィックや袖にブルーを使用しています。ボディーの正面にはシェブロンラインのグラフィックのデザインを採用し、ホームキットよりもっと目立つと言われています。

また、首元にはスペイン語でパナマの国名を表記し、水平ピンストライプの柄が背面には入っています。左胸にはパナマ国旗を盾形にデザインしたパナマサッカー連盟のエンブレムをプリントしています。右胸にはサプライヤー「New Balance」のロゴを赤で備えています。

チュニジア代表ユニフォームホーム

4月6日、2018ロシアW杯に向けるチュニジア代表ユニフォームホーム、ユニフォームアウェイが公式発表されました。今回のユニフォームホームは白基調で、差し色として襟とロゴには赤を採用します。サイドに赤のグラフィックが特徴的な仕上がりとなります。

また、左胸にはチュニジアサッカー連盟のエンブレムを備えています。右胸にはサプライヤー「uhlsport」のロゴを付けています。

2018チュニジア代表ユニフォームホーム

チュニジア代表ユニフォームアウェイ

チュニジア代表新ユニフォームアウェイは、赤基調で差し色として襟とロゴにはホームの白を採用しています。デザインというと、ホームモデルと同じ、白のグラフィックが施されています。更に、チュニジアサッカー連盟のエンブレムを白で左胸に付けています。サプライヤー「uhlsport」のロゴは右胸に配されています。

イングランド代表ユニフォームホーム

2月8日、2018ロシアW杯に向けたイングランド代表ユニフォームは、サプライヤー「NIKE」によって正式リリースされました。イングランド代表新ユニフォームホームは白基調で、襟には赤ラインを付けています。左胸にプリントされるイングランドサッカー連盟のエンブレム、また右胸に付けられるナイキ「NIKE」のロゴは青を採用します。また、パンツは紺色を基調とし、ソックスはホワイトでホームキットを完成しました。整体から見ると、2013年以来5年ぶりに白×紺×白のコーディネイトを再現させました。

更に、前面にはモダンなニットパターンが特徴で、正面は昇華クロスプリントなしのシンプルなデザインとなります。小さな聖ジョージズクロスと、スリーライオンズの紋章を補完する胸の青いスウォッシュが首裏の襟には後を向いています。

2018イングランド代表ユニフォームホーム

イングランド代表ユニフォームアウェイ

新しいイングランド代表ユニフォームアウェイは、全体から見ると、1950年代から受け継がれているクラシックなスタイルを表しています。赤基調でフロントに聖ゲオルギウス十字が付けられたデザインを採用しました。ボディと袖は濃淡の違い2色レッドのツートンカラーになっています。

また、白のパンツとレッドのソックスを加えてアウェイの構成となっています。正面に微妙なニットパターンが備えられています。ホームユニフォームと同じ、左胸にはイングランドサッカー連盟のエンブレムを付けていますが、右胸には賛助会社ナイキ「NIKE」のロゴを白でプリントしています。

2018イングランド代表ユニフォームアウェイ