2018ロシアW杯F組各国代表ユニフォーム

2018ロシアW杯F組

2018ロシアW杯F組

2018ロシア大会に出場する全32国は、今までA~Hの八つのグループに分けられました。ドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表、韓国代表という四つの国家代表は一緒に、F組に入りました。ここでF組にある4国代表ユニフォームの基調、デザインやテーマなどの情報を提供しますが、興味があればぜひお見逃しないでください。

ドイツ代表ユニフォームホーム

2018ロシアW杯に向け、ドイツ代表の新しいユニフォームホームが2017年11月7日で、アディダス社に正式公開されました。今度のユニフォームホームは白基調で、1990年のワールドカップで優勝したときに着用したユニフォームのデザインを再現していると言われています。当時はドイツ国旗の3色を表現するデザインを採用しましたが、2018新ユニフォームは黒と白のシンプルな2色を使いました。

なお、パンツはこれまでの伝統通りに黒で、ソックスは白となっております。肩にはアディダスの3本線が黒で施されています。胸にはFIFAワールドカップのディフェンディング・チャンピオンしかつけることのできないバッジが配されています。左側にはドイツサッカー連盟(DFB)のエンブレムをプリントし、右側にはサプライヤー「adidas」の3本線のロゴを付けています。

2018ドイツ代表ユニフォームホーム

ドイツ代表ユニフォームアウェイ

ドイツ代表2018新ユニフォームアウェイは、3月20日で発表されました。新ユニフォームアウェイは1990年代前半に着用していたモデルにインスピレーションを受けてデザインされました。明るいグリーンを基調に個性的なグラフィックを備えています。白いパンツと緑のサポーターという組みあわせが涼しいイメージが強いと認められています。

更に、ユニフォームホームと似て、肩にはアディダスの3本線が白で備えられています。真ん中にFIFAワールドカップの前回優勝を象徴するバッジが施されています。左側にはドイツサッカー連盟(DFB)のエンブレムを配し、右側にはサプライヤー「adidas」の3本線のロゴを付けています。

2018ドイツ代表ユニフォームアウェイ

メキシコ代表ユニフォームホーム

今、ロシアW杯は迫る中ですが、メキシコ代表がロシア大会のためのユニフォームが公開されました。新しいユニフォームは1994年アメリカW杯で着用するモデルに触発されたデザインを採用しました。サプライヤーはアディダス社「adidas」です。2017年11月3日、2018ロシアW杯に向けたメキシコ代表ユニフォームホームが公式発表されました。

新ユニフォームホームは緑基調で、脇から胸にかけてストライプで形成された3本ラインのモチーフが配されています。このデザインは1994年アメリカW杯でスウェーデン代表、ルーマニア代表、ブルガリア代表らが着用したユニフォームと同じ模様を見ることができます。背面の首元には“Soy México”という文字をプリントしますが、「俺自身がメキシコ」という強い意気込みを表現します。

他には、パンツはホワイトをベースカラーとしてチームエンブレムを配します。ソックスは赤を基調に、前面にはメキシコサッカー連盟の略称“FMF”のグラフィックが施されています。

2018メキシコ代表ユニフォームホーム

メキシコ代表ユニフォームアウェイ

3月20日、アディダス製のメキシコ代表2018新ユニフォームアウェイは公式発表されました。今度のユニフォームアウェイは1950年代に着用していたモデルからインスピレーションを受けたデザインとなります。白基調でメキシコ国旗カラーの緑・白・赤のチェストストライプを備えています。

また、新ユニフォームアウェイのパンツはディープレッドで、ソックスはホワイトを基調としています。ソックスの前には“FMF”というメキシコサッカー連盟の略称のグラフィックを配しています。

2018メキシコ代表ユニフォームアウェイ

スウェーデン代表ユニフォームホーム

2017年11月7日、2018ロシアW杯に向けて、スウェーデン代表ユニフォームホームはアディダス社「adidas」によって発表されました。新ユニフォームホームは伝統的な黄色をベースカラーにして、差し色として肩の側面に沿って青色で微妙な斜めの縞模(ジャガードパターン)が施されています。

また、ボディには薄くジャガード柄が入っています。首裏のテキストは昔のスウェーデンサッカー協会の略称“SvFF”から、“SVERIGE”というスウェーデン語の国名に変わりました。更に、ブルーのショーツとイエローのソックスを加えて全体のシンプルな構成となります。

2018スウェーデン代表ユニフォームホーム

スウェーデン代表ユニフォームアウェイ

3月20日、スウェーデン代表2018ユニフォームアウェイがやっと発表されました。新ユニフォームアウェイは青基調で、襟に見られる黄色のトリミング、アディダスの3本ストライプが特徴になります。ボディにボーダーとチェック柄を備えたデザインを採用しました。

また、パンツはホームシャツの基調である黄色をベースカラーとしています。左胸にはスウェーデンサッカー協会のエンブレムをプリントし、右胸にはサプライヤー社のアディダス「adidas」のロゴを備えています。

2018スウェーデン代表ユニフォームアウェイ

韓国代表ユニフォームホーム

3月22日、2018 FIFAロシアW杯に向けた韓国代表ユニフォームホーム、またユニフォームアウェイが正式に公開されました。サプライヤー社はナイキです。新ユニフォームホームは伝統の赤基調で、パンツはブラック、ソックスはレッドを基調に、韓国サッカー協会のエンブレムが白黒で左胸に備えられてシンプルなデザインとなります。

2018韓国代表ユニフォームホーム

韓国代表ユニフォームアウェイ

韓国代表2018新ユニフォームアウェイは、白色をベースカラーとしてパンツ、ソックスともに白が基調なので全身同系色になります。前身頃には韓国の国旗「太極旗」からインスピレーションを受けて、“太極文様”を赤と青で配しています。背面の首元には国旗を模したテープを備えています。