日本代表の決勝トーナメント1回戦ー強豪ベルギー代表と対戦

日本代表

日本代表

現地時間7月2日21:00(日本時間の7月3日3:00)、日本代表はワールドカップ決勝トーナメント1回戦を迎えます。今度の相手は世界のベルギー代表です。ベルギー代表は国際連盟(FIFA)ランキング3位、またグループGの1位のサッカー強豪です。日本代表は国際連盟(FIFA)ランキングNO.61、グループHのNO.2に位置しています。ランキングによって両方の差が大きいと認められています。

ロシアW杯のグループリーグの終了に伴って、ベスト16国は全部出揃いました。この16国はヨーロッパが10カ国、南米が4カ国、北中米カリブ海とアジアがそれぞれ1カ国があります。日本代表はアジア唯一突破のサッカー代表として日本だけでなく、アジア勢のサポーターの希望を負います。

また、今近づいているベルギー戦に向けて、日本代表選手の吉田麻也は「当初のプライオリティは、グループリーグを突破することだった。やり遂げられて良かったし、エンジョイできている。僕たちはアジアを代表できたし、それは、ほかのアジアのサポーターにとっても良いこと。彼らのためにも良い結果を残したい」と言いました。

更に、今度の日本とベルギーの対戦について、「ベルギーは圧倒的に有利だと認め、すでに準々決勝でブラジルと対戦する可能性が大きい」という話題が多く出ています。こういう予測に向けて、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、「必ず勝利だ」とは断言しません。「ドイツ、アルゼンチン、ポルトガルがすでに敗退した。何でも起こり得る。今大会の事実に触れ、ワールドカップに絶対はない」と語りました。