2018FIFAワールドカップ

2018ロシアW杯は今、迫る中!

2018ロシアW杯は、第21回目のFIFAワールドカップとして、6月14日から7月15日にかけてロシアで開催される予定ですが、目前に迫っています。今度のFIFAワールドカップは初めて東ヨーロッパで行われているW杯で、世界でとても注目されています。

2015年3月から2017年11月にかけて、2018ロシアW杯の予選大会はアジア・アフリカ・北アメリカ・南アメリカ・ヨーロッパ・オセアニアの六大陸で行われていました。予選免除権を獲得した開催国ロシアの他には、今回の予選大会に参加した国家と地区は206個がありました。2017年11月まで大陸間プレーオフが終了したことに従って、2018ロシアW杯に出場する32カ国が全部出揃いました。

予選大会が終わった後、グループ抽選会はロシア現地時間の2017年12月1日にロシアの首都モスクワで行われました。32カ国がA、B、C、D、E、F、G、Hという八つのグループに分けられていました。日本代表はグループH、同組の代表はコロンビア、ポーランドとセネガルがあります。

グループAグループBグループCグループD
ロシアポルトガルフランスアルゼンチン
サウジアラビアスペインオーストラリアアイスランド
エジプトモロッコペルークロアチア
ウルグアイイランデンマークナイジェリア
グループEグループFグループGグループH
ブラジルドイツベルギーポーランド
スイスメキシコパナマセネガル
コスタリカスウェーデンチュニジアコロンビア
セルビア韓国イングランド日本

2018日本代表最新サッカーユニフォーム

日本代表最新ユニフォーム

ロシアW杯に向けて、3月まで2018日本代表最新サッカーユニフォームが全部発表されていました。今度の日本代表ユニフォームの賛助会社は以前と同じ、アディダス社です。

日本代表ホームユニフォーム

2017年11月6日に日本サッカー協会(JFA)は公式提供元のアディダス社と一緒に、日本代表最新サッカーユニフォームホームを発表しました。日本代表最新ホームユニフォームは「勝利への魂で染め上げた」という「勝色」を基本色にしました。

この「勝色」とは、日本代表チームの伝統色を継いでもっと濃い藍色の一種です。戦国時代の武士が戦いに挑む際に愛着し、「勝利に向かおう!」という意味を表しているので、「勝色」とも呼ばれています。今度の日本代表ホームユニフォームは「勝色」を採用し、「2018ロシアW杯に負けないように!」のコンセプトを説明しています。

日本代表ホームユニフォーム

日本代表アウェイユニフォーム

また、ホームユニフォームの発表につぎ、2018年3月20日にアディダス社によって、2018日本代表最新アウェイユニフォームが発表されました。今度のアウェイユニフォームは白をベースカラーとして、左肩のグラフィックは1992年のアジアカップという国際大会で、初優勝時に着用したユニフォームのデザインを再現し、「過去の勝利を続けよう」という意志を表しています。

つまり、この白は、ホームユニフォームに用いられた深い藍と呼応して、特別なデザインを加えてサッカー日本代表の理念を示している同時に、世界にも日本の民族文化を伝えています。

日本代表アウェイユニフォーム

サッカー日本代表の紹介

サッカー日本代表とは、日本を代表する男子サッカーチームをさします。日本サッカー協会 (JFA) によって選出される年齢で制限がないナショナルチームです。サッカー日本代表の前監督ヴァヒド・ハリルホジッチが2018年4月7日に電撃解任され、4月9日に西野朗は2018ロシアW杯のために、日本代表監督に就任しました。

日本サッカー協会 (JFA)

日本サッカー協会

日本サッカー協会 (JFA)は長い歴史がありますが、1921年に正式に創立されました。創立時期の名前は今の日本サッカー協会 (JFA)ではなく、大日本蹴球協会と呼ばれていました。1974に大日本蹴球協会が財団法人化された後、財団法人として日本サッカー協会と改称されました。

日本代表メンバー23人

最近、2018ロシアW杯の開幕式が近づいているとともに、今回の欧州遠征に臨む日本代表メンバー23人も注目されています。ポジションによって、この23人はGK3人、DF6人、MF7人、またFW7人を含んでいます。スタメンとされている人気選手は川島永嗣、長友佑都、遠藤航、酒井宏樹、長谷部誠、山口蛍、柴崎岳、本田圭佑、久保裕也などがあります。

残念ながら、圧倒的な人気がある香川真司と吉田麻也は負傷したことで落選しました。また、サッカー技術が強いと認められている岡崎慎司と乾貴士も落ちて6月の欧州遠征に出場しないことになってしまいました。とにかく選ばれたサッカー日本代表23人は日の丸を背負って、必ず世界の高い壁に立ち向かう念を抱えています。

サッカー日本代表過去の成績

サッカー日本代表は多回、FIFAワールドカップの予選に参加しましたが、結局、予選失敗になってしまいました。1998年から今までFIFAワールドカップには6度出場し、最高成績は2002年大会と2010年大会のベスト16です。また、1992年、2000年、2004年、2011年という四年のアジアカップで優勝を取得しました。それで、アジアのサッカー豪門とされています。それで、今度のロシアW杯に出場する日本代表の表現が期待されています。

W杯の年度 成績 アジア杯の年度 成績
1978年 予選敗退 1980年 不参加
1982年 予選敗退 1984年 不参加
1986年 予選敗退 1988年 グループリーグ敗退
1990年 予選敗退 1992年 優勝
1994年 予選敗退 1996年 ベスト8
1998年 グループリーグ敗退 2000年 優勝
2002年 ベスト16 2004年 優勝
2006年 グループリーグ敗退 2007年 4位
2010年 ベスト16 2011年 優勝
2014年 グループリーグ敗退 2015年 ベスト8

各国代表ユニフォームが人気通販中!

各国代表ユニフォーム通販

今、日本代表ユニフォームは人気通販中ですが、更に日本代表ユニフォーム、ユニフォームキッズセット、タオルマフラーなどの日本代表サッカー用品も揃っておりますが、もしあなたは日本代表のファンでしたら、また6月に欧州遠征への日本代表を応援したかったら、ぜひご来店ください。

また、日本代表の他には、2018ロシアW杯に出場する国は開催国のロシア、ドイツ、アルゼンチン、ブラジル、ポルトガルなどの31国もあります。今まで各国代表のサッカーユニフォームも次々発表されましたが、更に各通販サイトでよく売られています。最近の売れ行きが一番よい商品になると言われています。

もちろん、前回W杯王者のドイツ代表をはじめ、開催国ロシア、ブラジルや、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、フランスなどのサッカー大国の代表チームのユニフォームは弊店でも激安通販中ですが、各国代表ユニフォーム、トレーニングウェアやショーツなどの商品を安価で購入できます。海外代表ユニフォームにご興味がある方はぜひご覧ください。

更に、本通販サイトはユニフォームに対してマーキングすることもできます。それで、マーキング加工をご希望になる方は、自分が好きなサッカー選手の名前、背番号などのメッセージを注文する際に一緒に告げてくれていいです。マーキング対応費用は400円であることを予め了解してください。

つまり、本サイトは日本代表ユニフォーム専門通販サイトで、日本代表歴代ユニフォームの他には、ドイツや、ロシア、ブラジル代表ユニフォームなどの各国代表ユニフォーム、また各国代表ユニフォームキッズセット、タオルマフラーも豊富に揃えていますが、50%割引で価格が低くて、品質も保証されることができますから、2018ロシアW杯を応援したら、ぜひお見逃しないでください。

各国代表ユニフォームの通販サイト